口コミとランキング
厳選&比較

高麗人参と効能と明治の商品について

 高麗人参は、中国の遼東から朝鮮半島が原産地といわれ、中国東北部やロシア沿海州にかけて自生しております。中国、朝鮮半島、日本では古くからしられている薬草です。現在は約70パーセント以上が韓国と中国で栽培されております。

日本でも江戸時代から栽培はされており、薬効がしられており貴重なものでした。根の有効成分が主要な薬用部位であり、サポニン郡とよばれています。

サポニンとは植物に広く存在する、糖類と炭水化物の複合体で炭水化物の部分が窒素を含まない多環式化合物からできているものの総称です。糖尿病や動脈硬化、滋養強壮に効能があるということで古くから服用されてきました。

からだに合わせた調整作用があるといわれており、さらに自律神経の乱れを整える作用もあります。漢方では、ほかの漢方の薬効をつよめる働きがあるといわれ、ほかの漢方と併用し使用する場合もあります。

江戸時代では大変高価な生薬で、ことわざも生まれるほど、庶民には高値のはなの商品でした。韓国では煎じたものを、お茶として飲んだり、料理にも利用しております。

現在明治の商品では粒状、液体状の商品が数種類販売されており、インターネットでも検索すると商品を確認することが可能です。

江戸時代では庶民には高値のはなの商品だったなごりがある為、今でも高麗人参と聞くと、あまりなじみのない方だと高いと感じる方も多くいらっしゃると思います。現代は、健康食品やドリンク剤、サプリメント等、数多くの商品が販売されております。

消費者にとっては、以前よりも選択の幅がひろまり、分量の違いにより商品価格も様々ですのでご自身にあった高麗人参を試すことが可能となっております。明治の商品ではサポニンの種類や量が多く含まれている6年根を使用しております。

6年根とは、サポニンの種類や量が多く含まれているほど品質の高い商品であるといわれています。サポニンは年数が経つにつれて増殖していき4年から6年にかけて急速に増します。

そして、6年たったものがほぼ理想的な状態であるといわれており、その6年根を使用した商品が販売されております。6年根コウジンエキスを配合し、サポニンを25種類ふくんでおりますので、日常生活の多くの場面でちからを発揮してくれます。

また、疲労回復にも効果がありますので忙しい生活をおくる方々にも体調面で強い味方になってくれます。原則としてほかの薬との併用は可能ですが、通院している方や漢方を飲まれている方は医師や薬剤師にご相談ください。

トップに戻る