口コミとランキング
厳選&比較

高麗人参と糖尿病改善効果について

 高麗人参は昔から薬として用いられてきた植物です。別名、朝鮮人参、オタネニンジンの名で知られています。学術名は、ウコギ科トチバニンジン属、オタネニンジン種の植物です。

この植物には、様々な病気に効く効果、効能があり、その効果については中国の古典や日本の古典にも出てくるほどです。古来からは、不老長寿の薬として知られてきたのです。日本にも、朝鮮半島から交易品として入ってきました。

徳川吉宗の時代には、すでに日本で人工栽培がおこなわれていました。漢方として昔から親しまれてきた高麗人参は、現在も副作用がないという利点から、薬として活用され続けています。

効能には、強心、動脈硬化予防、疲労回復、血圧拡張、血圧の調整、コレステロール値の低下、抗ガン効果などがあります。摂取の仕方は、健康茶、サプリメントなどがあります。高麗人参は、糖尿病の治療にも大きな成果が表れています。

特に、症状の改善、合併症の改善にはめまぐるしい効果があることが最近の研究で解明されてきています。糖尿病は、血液中の血糖値が高い状態で、高血糖の症状が続くと、体中の血管が破壊され、目、腎臓などの臓器に重大な障害を引き起こすとても怖い病気でもあります。

つまり、糖尿病になると、ブドウ糖がエネルギーを細胞の中に運ぶことが出来ず、血液中にあふれ出してしまう事態になってしまうのです。それは、インスリンというホルモンが足りなくなることが、原因だと言われています。

インスリンの作用についてですが、身体の中で血糖を下げる働きがあります。また食後に血糖が上がらによう調整する働きもあります。他にも、ブドウ糖のコントロールをする働きがあります。

インスリンの働きが悪くなる原因には、食べ過ぎや運動不足などの生活習慣が大きな要因となっている場合が多いのです。この病気を放置しておくと、合併症が出てしまいます。脳梗塞、脳卒中、下肢閉塞性動脈硬化症、網膜症、神経障害などが起こります。

糖尿病改善に役立つのは、高麗人参です。摂取すると、合併症の改善に大きく効果を発揮するのです。サポニンという成分が含まれているので、この成分を摂取することで、血液中の血小板の凝固をおさえる働きや、血液を綺麗に流れやすくする働きがあります。

つまり高麗人参で生活習慣病が改善できるのです。
 また血管を拡張する働き、血圧を調整する働き、中性脂肪やコレステロール値を下げる働き、動脈硬化を予防する働きがあるので、治療に絶大な効果を発揮することができます。

トップに戻る