口コミとランキング
厳選&比較

高麗人参の服用時に注意すべき副作用や飲み合わせとは

 高麗人参は、野菜の人参とは全く別物であり、薬用植物として栽培されているのが特徴的です。主に、漢方薬の原料に含まれている場合が多く、古くから万能薬として重宝されています。

日本においても、高麗人参を配合した薬用酒が販売されていて、多くの愛用者から根強く支持されています。栽培に関しては、日本においても一部の地域で行われていますが、世界レベルで見ると、大半は中国や朝鮮で行われていますので、中国産や朝鮮産の利用頻度が高いです。

基本的に、薬用として収穫されるまでに約6年を要しますが、その理由として、効能が最大限に発揮されるのが、約6年かけて成長したものとされているからです。

また、体質改善や疲労回復を初めとして、消化器系や神経系に纏わる症状に効能が高い反面、副作用や飲み合わせに最大の注意を払う必要があります。

特に、持病を抱えていたり、病気療養中である場合には、摂取自体を控えなければならないことがありますので、前もって医師や薬剤師からのアドバイスを受けて、忠実に守るようにしなければなりません。

中でも、高血圧症の人が摂取することは厳禁ですし、そうでない人であっても、過剰摂取により、副作用で高血圧症を招く恐れがありますので、日頃から自分自身の健康状態を十分に把握しておくことが必要です。

一般的な摂取方法として、予め配合された医薬品を服用する以外に、切り刻んだものを煎じて飲んだり、粉末状にしたものを水と一緒に飲んだりします。ここで注意しなければならないのは、古来から飲み合わせとして禁じられているものを摂取しないようにすることです。

具体的には、黒大豆、お茶、野菜の人参が飲み合わせの禁止対象とされています。これは、他の医薬品と併用する場合と同じように、相互作用による副作用が人体に悪影響を及ぼすことを意味しています。

最近では、日頃の栄養不足を補う役割として、サプリメントの服用が日常生活に浸透してきていますが、高麗人参もサプリメントとして服用できるようになってきました。

しかし、基本的に、サプリメントは、栄養補助食品としての側面が強い為、高麗人参を初めとして、薬用としての側面が強い素材が配合されているものに関しては、自分自身の健康状態と照らし合わせながら、服用方法に気を配る必要があります。

つまり、サプリメントの手軽さは非常に魅力的ではありますが、日頃から服用している医薬品や食事内容を十分に把握し、飲み合わせに注意を払うようにすると、体調不良や重い副作用を未然に防ぎ、健康的な日常生活を送れるようになります。
良い高麗人参の選び方はhttp://www.strad.jp/07carrot.htmlで紹介されています。
是非参考にしてみてください。

トップに戻る