口コミとランキング
厳選&比較

高麗人参は高価な理由はその栽培の難しさからである

 高麗人参といえば、誰もが一度は聞いたことがあるものです。滋養強壮によいとか、高価な漢方薬とか漠然としていますが、とにかく体に良い、薬の役目を果たす植物といったところでしょうか。

高麗人参はその名称に「人参」とついていることから、人参の一種と思う人もいるかもしれません。しかし実際は人参とは全く別の品種で、別名朝鮮人参とも呼ばれているウコギ科の植物になります。
詳しく知りたい方はこちらのサイトhttp://www.vulnerableplaque.org/Dropsy.htmlもご覧ください。
 これはウド、ヤツデ、ウコギの仲間になります。他にも採れる産地により、田七人参、シベリア人参、西洋人参など呼ばれ、同じ仲間として扱われていますが、少しずつ特性は違います。

高麗人参の特徴は何といってもその効能です。滋養強壮の王様と言われるくらい様々な効能があります。これだけ多くの効能をもつ高麗人参は栽培が大変難しいとされています。

この人参の値が高い理由は、http://www.compromisodospuntocero.org/kog.htmlでもかいてありますが、その難しさからきているのです。
http://www.nanafujikawa.jp/dai.htmlにもかいてありますが、
もともとこの人参は、「山人参」として山奥の厳しい自然環境の中で自生していました。その価値は生育期間により常に変動し、高い値がついて時では、家を一軒購入できるくらいだったといわれています。

そこで今から1000年ほど前から、畑で人工的に栽培しようと試みられたのです。まずこの人参は限られた土壌でしか育つことができません。高温多湿や乾燥した土地も不向きで、また酸性の土壌や水はけの悪い土地でも育つことができません。

また様々な効能があるといわれているだけあって、生育するときはその畑のすべての養分を吸いつくしてしまうといわれています。そのため一度栽培すると、その畑は10年から15年の間休耕して休ませなくてはなりません。

休耕している間も単に放置するのではなく、天然の肥料を与えるなど手入れをし、少しづつ次に栽培ができる状態になるまで、時間をかけて戻していくのです。

ようやく種まきができるようになっても、収穫までには4年から6年程かかりますので、その手間と時間のかかり方は、他の植物と比べものになりません。しかもその長い期間の中でも、害虫や水害などの天災のリスクがたえずつきまといます。

この人参の葉の柄は、一年目は一本、二年目は二本というように年数によって一本づつ増えていきます。しかし6年目以降はほどんど増えません。

つまり6年目が一番成熟され、栄養価が高く、最上級の品質となるのです。6年という年月、そして数々のリスクを乗り越えてきたものですから、その価格が高くなるのもうなずけます。
もともと効果な高麗人参ですが、その中にもランクがあり、http://www.aacip.com/highrank.htmlで紹介されているような最高級なものがあります。

トップに戻る