口コミとランキング
厳選&比較

日本における高麗人参栽培の歴史は御種人参から始まった

 高麗人参は、サポニンなど体質改善効果が期待できる栄養成分を多く含有し、今では、ごく一般的に利用され、滋養強壮、血流促進、ホルモン調整作用、抗がん作用などの効果をもたらすことで、サプリメント分野においてその存在は、確固たる地位を獲得しています。

播種から収穫するまでに約6年以上の年月を要するこの植物は、栽培が難しく、日本の気候・風土に定着するまで相当の年月を要しました。8世紀ころ、大陸から伝来したこの植物は、日本の気候や土壌環境を拒み、特に発芽においてその傾向は顕著であったと言われています。

その後、試行錯誤を繰り返した末に、18世紀になって催芽処理なるものが必要であることが分かり、発芽における不具合を克服し、日本各地に広まっていったと言われています。

高麗人参は、別名オタネニンジンとも称されますが、この名前の由来は、幕府が栽培手法などを諸藩の大名に下賜したことにより、御種にんじん(オタネニンジン)という名前が定着したものと理解されています。

各藩は、このオタネニンジンの薬効に優れたものがあることを見つけ出し、藩の財源とすべくその栽培に精力的に取り組み、栽培手法において様々な改良が成された結果、現在における栽培手法の確立を得たものと理解できます。

さて、高麗人参は、かくのごとく長い年月を経て日本の気候、風土に馴染み土壌に定着した植物ですが、今なお、その栽培においては高度な栽培手法を必要とし、手間と時間のかかる栽培植物として認識されています。

夏ころに青い実を形成し、しだいに赤い色を呈するようになり熟すると柔らかくなります。この段階において、実を採取して播種しますが、上手く発芽してくれません。

栽培植物においては、少なくとも発芽率が90%以上ないと採算が取れないと言われますが、このレベルにはとうてい及ばないのです。

植物の種を発芽させるためには、催芽処理という特別な発芽処理を必要とする植物が多くありますが、高麗人参においても、日本の気候・風土で発芽させるためには、この催芽処理が必要であることが18世紀になってようやく分かったのです。

このような先人たちの苦労のもとに日本に定着したオタネニンジンhttp://www.mulgra.com/kok.htmlは、今では万能薬として広く利用されていますが、このような歴史を知っておくことも必要であると考えます。

何故なら、文明を発展させていくためには、少なからず労苦を伴うということを人類は理解する必要があるからです。人類は、文明を発展させることを怠ってはいけません。勿論自然との共生が根底にあらねばならないことは言うまでもありません。

しかし、そこには多くの障害や意図しない不具合があることを十分理解しながら未来を次世代に託すことが、現生に生きる我々の果たすべき役割ではないかと、オタネニンジンの歴史から実感するばかりです。

トップに戻る