口コミとランキング
厳選&比較

高麗人参の韓国での一般的な調理方法

 皆さんは、高麗人参というものを食べたことがありますか。昔から不老長寿の妙薬として使われてきた高級食材です。体内の細胞や臓器の働きを活発にし、虚弱体質の改善や肉体疲労の回復、滋養強壮に効果を発揮します。

ビタミンB1やミネラル、必須アミノ酸などの有効成分も多く含まれ、免疫力の向上、ストレスを緩和するなどのさまざまな人への健康効果があげられています。日本では高価な食材なので、一般の家庭では簡単に入手できるものではありませんし、なじみが薄いものです。

しかし、生産が盛んな韓国の家庭では、当たり前のように生活になじんでいる食材です。家には、健康のために高麗人参のエキスが買い置きされているのは当たり前のことです。

また、街角ではその場でドリンクを飲んで栄養補給する人を多く見かけます。市場やスーパー、薬局などあらゆるところでお酒に浸けたり、お茶として売られていたり、菓子など身近な食品として販売されていますので、老若男女に親しまれている存在といえるでしょう。

韓国では、生の高麗人参は主に料理用として使用されています。一般の家庭では天ぷらや炒め物などの料理で使用されています。調理法として一番知られているのは、参鶏湯(サムゲタン)です。

鶏の腹の中に、もち米・ナツメなどと一緒に高麗人参を詰め込んで煮込みます。他にも、スライスして煎じ、人参茶として飲用されています。また、ハチミツや焼酎に漬けにするのも一般的な調理法です。

ここでは、家庭でできる簡単な調理法として、はちみつ漬けの作り方をご紹介します。夏バテに効く飲み物なので、夏に韓国ではよく飲まれています。人参1キログラムをきれいに洗った後、2mmの大きさに薄く切ります。

このとき気をつけるのは、脳頭を切りとってからスライスすることです。弱火で約30分くらい蒸すか、それともそのまま天日に干して300グラム程度になるまで、かちかちに乾かしてください。それからハチミツ1、8リッターにつけたらもう完成です。

冷蔵室に保管して、随時服用しましょう。そのままでも頂けますが、飲み物にプラスしたり、お料理のエッセンスにもお使いいただけます。日本でも韓流ブームの影響で、韓国食材の店で手軽に入手できるようになっています。

また、近くに韓国食材のお店がなくても、今やインターネットのショッピングサイトでも簡単に入手できます。その健康効果に興味がある方は、一度試してみてください。

トップに戻る